エラ削りで大切なのは麻酔

エラ削り治療を受けることを決心

エラ削りエラ削りクリニック

エラ削り治療を受けることを決心 : 大学の長期休みを利用して手術 : 控えめに削ったので周りにはバレない

子どもの頃からコンプレックスだったエラを削りました。
エラ削りの手術を決心したのは、本格的なダイエットでもエラはどうにもできないことが分かったからです。
昔は太っていたので、痩せればエラの問題も解消されると思っていました。
ところが、体重が大幅に減ったのにエラの問題は解決できませんでした。
便秘もひどかったので断食道場に泊まってデトックスしたあと、スポーツジムに通って筋トレに励み、健康的に脂肪を落としました。
それでも顔のエラは目立ったのでエラ削り治療を受けることを決心した次第です。
ちょうど大学の友人もエラ削り手術を受けていたので、アドバイス通り麻酔の上手なクリニックを選びました。
やはり大掛かりな手術になるので麻酔が切れると大変です。
何かと注射を打つ回数が多いので、麻酔や注射の評判が良いクリニックにしました。
最初はカウンセリングを受けましたが、規模が小さいところだったせいかカウンセリングを担当した院長が執刀もしてくれました。
よくカウンセリングと執刀医が違うと問題が起きやすくなると聞いていたので、その点は安心でした。
先生との話し合いではナチュラルさを重視したいことを伝えました。
完全に削るより多少削るぐらいの控えめなアプローチで、あまりにも見た目が変わるのは避けたいことはお話しました。

悩んでいた頬骨の整形をしました

幼い時はそれほど気にならなかったのですが、思春期以降は高い頬骨が気になるようになりました。笑った時に飛び出してしうので人前で笑えなくなってしまい、とても辛かったです。

大人になってからですが、その悩みを母に打ち明けることができました。相談に乗ってくれた母のすすめもあり、思いきって頬骨の整形手術をすることにして、インターネットのサイトやホームページなどを参考に専門のクリニックを選び、そこでカウンセリングを受けた後、整形手術をしたのですが、結果は成功で、頬骨は低くなりました。違和感なく自然です。

心配していた痛みもほとんどありませんでした。料金も思っていたより安く済みましたし、手術時間も驚くほど短かったです。

クリニックに入るまで非常に緊張していたのですが、担当スタッフの方が緊張をほぐしてくださいました。また、カウンセリングもすごくていねいに、難しい専門用語ではなく分かりやすい言葉で説明してくださり、良い印象を受けました。

今では鏡で低くなった頬骨を見るたびにとても幸せな気持ちになりますし、人前で笑うこともできます。周りに顔を褒められたりもします。メイクやファッションを大いに楽しめるようにもなりました。